たて糸とよこ糸

2016年12月20日

生地は縦糸を横糸が交互に交わって生地になります。まだ織りについてよく知らなかったころ、無地の生地は縦も横も1色の糸で織っていると思っていました。でも生地を良く見ると、縦糸と横糸はまったく違う色を使用して絶妙な色が出ている事に驚きました。

たて糸よこ糸1


たて糸よこ糸2


たて糸よこ糸3

画像1は生地をわかりやすくアップにしたものですが縦糸は水色、横糸は黒を使用し落ち着いたターコイズブルーになっています。この縦糸を薄いグレーなどにするともっと明るい色になります。黒とピンクを組み合わせたら大人っぽい雰囲気になり、ベージュとピンクではやさしいピンクになり、濃さや色によって何通りもの様々なカラーが出来上がります。もちろん生地によっては、縦糸と横糸を同色にすることもありますが変化をもたせた方が面白く手織りならではの色の深みがあります。

この縦糸と横糸の組み合わせで様々なカラーが生まれています。
季節によって濃くなり薄くなり明るくなり、その時その時の染めの色です。

人気のある色をもう一度発注したい時に、染めの濃さや若干の色の違いでまったく同じ物が出来上がらないのも悩みの種ではありますが、機械では作れない手仕事ならではの味でもあると思います。(渡井)